So-net無料ブログ作成

Lenovo ThinkaPad X1 Carbon 6G-その2(GaN ACアダプター導入編) [-Lenovo ThinkPad]

DSC_3835.JPG

 LenovoからThinkPad用にUSB Type-C PDに対応した小型のACアダプターが新発売になったので、Lenovoのオンラインショップの周辺機器のセールの時期を狙ってゲットしました。ACアダプターって2つあるととても便利なのですが、付属品と同じものをもう一つ買うのもどうかと思っていました。

DSC_3836.JPG

 付属品のACアダプターと並べてみると、だいたい約半分くらいいの体積ですね。付属品のACアダプターとしては決して大きくないほうだと思いますけど、それでもワタクシのカバンの中では結構な存在感でした(汗)。さらに重量は付属品のケーブル別で173gに対してなんと、92gですよ(笑)。だいたい半分くらいの重量なんで、これでPC本体の重量の増加分を相殺できます。

 使い勝手の上では電源の一次側がダイレクトに今節につなくタイプで、二次側は脱着可能です。二次側のケーブルは別途付属されていましたが、USB Type-C PD対応のケーブルが使用可能です。付属のケーブルは心なしか電源ケーブルだけにごついような気がします。電源プラグは折り畳めない点と、電源供給時のインジケーターの青色LEDがやや眩しいのがイマイチだと思いますが、まあ数少ない欠点ということなのでしょう。充電時間はさすがに早いですね。あっという間に上限の80%まで充電終了です。

 ところでなぜ小型化が出来たのか?ということですが、このACアダプターにはパワー半導体の素材にSi(シリコン)に変わってGaN(窒化ガリウム)を採用しています。GaNの方が高効率なので、放熱が少なく筐体の小型化が可能になるそうです。少し前まではGaN採用のACアダプタは高価なものが多かったのですが、最近になって廉価な機種が発売されていました。ワタクシも最初はその中から選ぼうと思っていたのですが、満を持してLenovoから発売されと知って、オンラインショップでセールになるのをじっと待っていたわけでした(笑)。

 もともとX1 Carbon 6Gは本体のバッテリー容量が大きいのでそれほど出先で外部電源が必要になるケースは稀のような気もします。しかしワタクシは、リチウムイオンバッテリーのライフを伸ばすために、容量80%で充電を止める「いたわり充電」の設定にしてあるので、ACアダプターを携帯したほうが安心なのは間違いありません。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。