So-net無料ブログ作成

確定申告 2019 [Others]

DSC_2557.JPG

 ワタクシは給与所得者なので、高額の医療費がかかったりとかしないと確定申告の必要はありません。ですが昨年末にふるさと納税をしたので、書くて申告が必要です。個人の確定申告にはいくつか方法があって、e-taxだったりすると、税務署へ行く必要がなくなることもありますが、ワタクシ場合、マイナーンバーカードを発行していないので、e-taxが利用できません。でもIDとパスワードを税務署で発行してもらうとe-taxで確定申告できるんですよ、というわけで結局横浜中税務署にやってまいりました(笑)。

DSC_2559.JPG

皆さん、この時期の税務署ってクルマを駐めるスペースが無いように思われると思いますが、そんなことはありません、ご覧の通り駐車場はガラガラでワタクシのクルマの両脇はクルマは停まっておりませんでした。確定申告の書類提出会場も横浜みなとみらいの日石ビルだしね(笑)。

e-tax.png

e-taxはいままではマイナンバーカードとカードリーダーがないと出来なかったのですが、暫定処置として、税務署からIDとパスワードをもらえばe-taxが利用できます。しかも今年からはスマホでe-taxで確定申告できるんですよ。これは試してみないといけませんね(笑)。

DSC_2558.JPG

 ワタクシの場合、マイナンバーも分からなくなっているので(汗)、まず横浜駅みなみ西口にある横浜市の行政センターで、マイナンバーの表示のある住民票の写しをもらってから、クルマでマリンタワーの隣になる横浜中税務署へIDとパスワードをもらいに行ったわけです。総合窓口でIDとパスワードを貰いに来た旨伝えると、係の方がPCを叩いて検索してくれます。5分位待って結果を聞いたのですが、なんとワタクシの場合、以前e-taxで確定したときのIDとパスワードが残っていいたそうです(笑)。でもパスワードは完全に忘れているので再度登録してきました。

 これでようやくスマホで確定申告できる環境が出来上がりました。他に必要なものは、昨年度の会社の源泉徴収票とマイナンバー(番号だけ分かればば良い)とふるさと納税の寄付金受領証明書です。ワタクシの場合は北海道の千歳市に納税したのでコチラの自治体名を入力します。返礼品のポイントで航空券を購入するのが楽しみですね(笑)。トータルで10分位で入力は終了します。しかし今回はじめて気がついたのですが、確定申告上は、ふるさと納税って寄付金扱いになってその所得が控除になるんですよね。要するに所得税の還付金が期待できるというわけですよ。思わぬ臨時収入に胸が踊ります(笑)。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。