So-net無料ブログ作成

空飛ぶタイヤ [Movie/drama]

002.jpg

 久しぶりに映画を見に行くことにしました。最初スターウォーズのスピンアウトムービー「ハン・ソロ」のつもりでいましたが、公開はなんと来週(汗)。仕方がないので、こちらもかねてより行こうと思っていた、「空飛ぶタイヤ」にしました。池井戸潤さんの原作ですね。ワタクシは池井戸潤さんのファンなのでいずれ見に行こうと思っていたのでした。

 見終わった最初の感想は、「詰め込み済(笑)」とても2時間の尺には入らないでしょう。いつもの下町の町工場の社長が主人公で(今回は運送会社の社長、ただし整備部門あり)、大企業の権力と戦う図式は相変わらずです。

 しかもお約束の銀行との融資の駆け引きとか、今度は警察が絡んできたりして良く2時間に収まった感じですよ。原作の元ネタは某トラック製造会社のクレーム隠しですが、特にこの辺の技術解説はサラッとやっているので、一回聞き流すと二度とキャッチアップ出来なくなるかもしれません(汗)。

 次に、ホープ自動車の社内政治がかなりひどく感じました。こんな会社ホントにあるんでしょうか。取締役と品質保証部が内密にリコールを隠すなんてホントありませんよ。しかも機密漏洩の管理体制がひどい。個人のPCのアクセス履歴が全部調べられちゃうんですから。

 正しいと思うことをやろうとしても上からの圧力で潰されるのは、映画やドラマのシチュエーションとしてよくあるパターンだとは思いますが、反発する側も自分に責任が来ないように見の安全を守りながらやっているのも変な感じです。

 しかも経営者側は2度目のリコール隠しなので、面と向かって反発者を解雇せず(世間から問題視されるので)、一見栄転に見せかけて次の職場で冷遇したりするわけです。結局どちらも同じ会社員というわけですね。本作ではジャーナリストまで会社には逆らえなかった業者が出てきます。

 最後にキャストですが、長瀬哲也が社長役ですが、元ヤンで親から家業を受け継いだ二代目社長的な感じはするものの(このシチュエーションも異型度作品に多い)、会社経営に関する言葉が理解していっているように聞こえず上滑りしておりました(笑)。でも深キョンが奥さんなのは単純にお羨ましい(爆)。ちなみに今回の番頭役は笹野高史さんです。その他多彩で個性的な脇役陣で固められていますね。面白い映画でした。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。