So-net無料ブログ作成

CASIO EDIFICE Scuderia Toro Rosso Limited Edition [-F1]

DSC_1318.JPG

 最近ワタクシはトロロッソホンダの快進撃に盛り上がっておりますが、新発売後あっという間に売り切れた、カシオEDIFICEのトロロッソホンダエディションを再び楽天で見つけてしまいました。どうも追加生産したようです。そんなことも理解できないワタクシの判断回路は、気がついたら発注を終えておりました(汗)。

DSC_1313.JPG

 実は本来ならもっと叩く手に入れられたはずのこの時計、ワタクシのマンションの宅配ロッカーにいつまで立っても届きません。不在票を見ると、「貴重品名なので持ち帰りました」にチェックが入っていました(泣)。いくら時計とは言え、いままでもっと高額の品物を入れてもらったこともあるのに、きっと「腕時計」と書いてあったからだめだったのでしょうか。

 結局納品日を日曜日に変更してもらって、さらに朝イチの受け取りに寝過ごして失敗したワタクシは、午後イチにようやく手にすることが出来たのでした。早速その後、横浜ヨドバシへ行ってベルトを調整してもらいました。ヨドバシは自社で購入したものではなくても、540円払えば調整してもらえます。

DSC_1319.JPG

 実はこの時計、トロロッソホンダで有ること以外に購入したい事情がありました。実はワタクシ、EDIFICEのスマートフォンリンクシリーズの第一世代を所有していますが、重宝していたものの一つ大きな問題がありました。とにかく大きんですよ、ムーブメントが。腕にはめていると実にずっしりとした感じなんですよ。当時は他に選択肢が無いわけではないものの非常に少なかったので、しかたなく使っていましたが(機能面は最高だと思います)、それが今回から第2世代の小型化されたムーブメント採用されているということも重要なポイントだったんです。

DSC_1320.JPG

 こうやって横にしてみると、厚さがかなり違うのがわかりますよね。実際に腕にはめてみても、いままでGショックのメタル版を使っていたとしたら、今回はようやく普通の時計を使っているような感じになりました。それだけ小さくなったわけですね。反面軽量化の影響か、ブレスレットがやや安っぽいのが残念ですね。明るい紫色とピンクの組み合わせなのでちょっと派手で照れるところはありますが、F1トロ・ロッソホンダ応援の一環として、毎日身につけようと思います。 






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。