So-net無料ブログ作成

F1シンガポールGPへの道 2014-その6(出発編) [--2014 Rd.14 Singapore]

 さていよいよ出発に日になりました。今日金曜日会社のお休みをいただいて成田空港へ向かいます。横浜から東京までは東海道線で移動、東京駅八重洲口からは、車内が広くて評判の良い東京アクセスにしようかと思ったら、始発の銀座で乗客が多くて八重洲口では予約でいっぱいと言われてしまいました(汗)。次の時間は30分後で、これではフライト時間から逆算するとちょっとまずいということで、すぐそばにある東京シャトルのバス停に急遽移動することにします。

こちらも最初のバスは満席になってしまいましたが、20分おきに運行されているので、次のバスがすぐに来て無事乗ることが出来ました。こちらのバスは約1年ぶりに乗りましたが(前回台湾へ行った時は東京アクセス)、違いは、Friendry Limgine Busが参入して増便したのと、値段が900→1,000円に値上げしていたというところでしょうか(汗)。 

約1時間で無事に成田空港第2ターミナルに到着しました。まずはシンガポールで使うWiFiルータを受け取りにテレコムスクエアさんのカウンターへ行きます。こちらのカウンター、3F出発ロビーの中央入口脇すぐのとてもわかり易いところにあったのですが、まさかそんなところにあるとは思わなかったので、最初はスルーして結局出発ロビーを一周する羽目に(泣)。当日申し込みの人の列の後ろについてしまうと時間がかかりますが、予約していることを伝えると、あっという間に貸し出してくれますよ。 

貸し出されたバックの中にはルーター本体とACアダプターと電源ソケット変換が入っています。

今回はJGCのカウンターがクローズしていて、First Classカウンターでチェックインしましたが、若干待たされてしまいました(怒)。でもその後は至って順調で、Security Fast Laneでショートカットできたのであっという間に出国、そしてJALのSAKURAラウンジに突入です(笑)。 

この時間だとたしかビーフカレーがあるはずだと思ったのですが、最初は見つからず麻婆豆腐をとってしまい、麻婆丼になってしまいました。 

そのあとカレーの存在に気がついたので、仕切りなおしです(笑)。 今日はすでに夕方の5時近いですが、これが昼食だったことに気がついたワタクシ(汗)。

 

食事が終わったので バーカウンターに移動します。この時間はバーテンダーの方が常駐しているので、すぐに飲み物が出てきていいですよ。早速泡を注文します。

ボーディングタイムになったのでサテライト側の84ゲートまで歩いて行きましたが、優先搭乗ががらがらなのが嬉しくて行き先表示板の写真を撮り忘れてしまいました(汗)。 

機材はBoeing B767-300でした。 

この機材は新間隔エコノミーでした。まずシートの生地が違う(臙脂色の起毛処理)、大画面、USBの充電端子、コンジットビデオ入力、ケータイホルダ、そしてなによりもシートピッチが広くて快適ですね♪ 

おてふきが、ペーパー付近からガーゼに復活していました。大きさこそ小さいけど何年ぶりの復活でしょう。もしかしたら10年ぶりくらいかも。 

JALの機内コンテンツで竹内まりやさんのスペシャルがあったので欠かさず聴きます。まりやさんのナレーション付きです。 

最初に飲み物から。とりあえずプレモルですね。 

夕食の時間です。ずいぶん陽気がカラフルになりましたね。 

白ワインをチョイス。 

デザートはハーゲンダッツでした。 

食後に水が出ます。 

夜中にパンが配られたようですが、ワタクシはぐっすりと寝ていたようで、今頃もらったりします。まだ到着までは時間がかかりそうなので、暇つぶしに選んだ映画は「相棒」です(笑)。いや~面白かった。一気に時間がつぶれましたよ。 

もうすぐシンガポールに到着です。 

到着しました!今日はこのまま入国せず空港内にとどまろうと思います。

 市街のホテルは高いので一泊ケチって空港内のTransit Hotelに宿泊します。ホテルは制限エリア内の3Fにあります。シンガポール空港の場合、手荷物検査をゲートブリッジの手前でやるので、これから出発する人も到着した人も共有できるスペースは結構広いです。Trasit Hotelもそんな場所にあります。

こちらでチェックインです。料金は前払いです。予約はメールで行いますがキャンセル不可です。カード使用可でした。

 バジェットルームという格安の部屋もあるのですが、評判が悪いので、スタンダードルームにしました。広さはまずまずですね。ちなみに奥のカーテンを開いても窓はありません(汗)。壁があるだけです。朝になっても部屋は明るくならないので要注意。モーニングコールを頼むことは出来ます。一泊が6時間扱いなので、夜の1時にチェックインしたワタクシは朝の7時にチェックアウトしないと追加料金がかかるので必死です(汗)。

洗面所とトイレはこんな感じ。

左側にバスタブがあります。

せっかくなので夜のチャンギ空港を探検してみましょう。しかし深夜のチャンギ空港はまるでシャッター通りです(笑)。

コンビニを発見しました。

なんと7-11です。ビールを買って帰ろうとしたら販売時間外ということで却下されました(泣)。宗教上の問題のようです。

仕方ないので空港内でATMを発見してシンガポールドルをおろします。

なんとスポーツバーを発見。

ようやく生ビールにありつけました。カールスバーグですね。でも15SD(約1,350円)は高い!一杯だけいただいて、明日朝も早いので休むことにします。お疲れ様でした。

 

シンガポールチャンギ国際空港 


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0