So-net無料ブログ作成

F1マレーシアGPへの道2013-その4(出発編) [--2013 Rd.2 Malaysia]

 いよいよ出発の日になりました。本社の会議で珍しくスーツを着ていたのでいったん帰宅してからいつもの格好に着替えて(笑)、羽田空港に戻ってきました。今回も前回シンガポールへ言ったときと同じく深夜のフライトですが、ボーディングタイムまで羽田に飲み友達を呼んで飲んでいたのでした(笑)。 

大して込んでいなかったのであっさりとチェックインできたのですが、混雑したのはむしろWiFiルータのレンタルの方(怒)。いちいち使用方法や注意事項をレクチャーしているようです。 

そうこうする内にボーディングタイムになりました。相変わらずAir Asia Xは沖止めです(汗)。これって本当にコストメリットあるんですかね。

夜中の1時半頃に、「食事を予約したか」CAにたずねられましたが、もともと朝食にするつもりだったので、後にしてもらいました。ちなみに注文したのはMalaysian foodです。「Chicken Butter Masala」と書いてありますね。 

中身はタイ米のバター炒めとタンドリーチキンでした。ライスはあまり味がしなかったのですが、タンドリーチキンは結構おいしかったです。さすが本場といったところでしょうか(笑)。 

6時間のフライトを終えてようやくマレーシア到着です。まだ空は暗いですよ(泣)。ちなみにマレーシアのイミグレではEDカードが廃止されていましたよ。その代わりに指紋をとられるはずなんですけど、要求はありませんでした。実はワタクシ、指紋が薄いので指紋を取るのに時間がかかっちゃうんですよね(汗)。以前ロスアンゼルスへ渡航した時大変でしたよ(汗)。無くて良かった(笑)。 

スタバに入ってWiFiルータのチェックです。まったく問題ないですね。 

マレーシアのタクシーはクーポン式が一般的なようです。とりあえずタクシークーポンを購入しますが、これがなんと隣のドメスティックのアライバルまで行かないと売り場がないんですよ。始めてきた人にとってほぼ購入不可能だと思いましたね(汗)。それでも何とか私は購入できました。 

乗ったタクシーはバジェットタクシーといって、マレーシアで2種類あるタクシーのうちの安いほうです。私がたまたま乗ったタクシーにはモニターが2台もあって私に現地のデジタル放送を見せてくれました(笑)。かなりクルマをいじってあるようでしたけど、運転そのものはいたって安全運転だったので安心できてよかったですよ。 

今回宿泊するのはシャングリラホテルクアラルンプールです。マレーシアはホテルが安いのでここぞとばかりに高級ホテルをチョイス(笑)。 

本当は有料であるはずのアーリーチェックインなんですけど、もういるからということで部屋の清掃待ちでチェックインしてもらえることになりました。「それまで朝食でもいかがですか?」といわれたのでちょうどお腹も空いたしというわけで、ありがたく受け入れちゃいました(笑)。 

中華系がメインでしたけど、バリエーションは相当豊かでしたね。反対に日本食はほとんどなかったように思います。非常に満足度が高い朝食をいただくことが出来たのですが、後ほどチェックアウトするときにびっくり、実はこの食事有料だったんですよ(泣)。 

しばらく待って入れた部屋はそれほど広くはないものの、そこそこ豪華な感じで満足度高いですね。

予選の時間まで間があったので、ホテルの近所を散策してみました。実はペトロナスツインタワーも近くにあったりしていってみたのですが、他のF1イベントの兼ね合いのせいか昼過ぎで展望台の見学を含むツアーは売り切れとのこと(泣)。これはかなり残念でしたね。仕方がないのでこれからKLセントラル駅へ向かってそこから電車に乗ってF1の予選が行われるセパンサーキットを目指したいと思います。 


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0