So-net無料ブログ作成

F1 GP 2012 Rd.1 Austrarian GP [-F1]

F1GP2012_AustratianGP_Button.jpg

 3/18にオーストラリアのメルボルン市街地サーキットで開催されたF1 GP開幕戦オーストラリアGPはマクラーレン・メルセデスのJバトンが優勝しました。準優勝はレッドブルのSベッテル、3位はマクラーレンのLハミルトンでした。メルセデスのMシューマッハーは予選で4位グリッドを確保したものの、ギヤボックストラブルで10週目にリタイヤしています。ザウバーの小林可夢偉は予選13位からスタート、ファイナルラップを9位で周回していたところで6位のウィリアムズのPマルドナドがスピンしてリタイヤ、7位と8位を走行していたザウバーのペレスとメルセデスのNロズベルグが接触した隙を突いて6位に入賞しています。

 今年からブロウンディヒューザーが禁止になって、チーム間のタイム差が圧縮されています。あのレッドブルもトップを維持することが困難になっています。昨年途中でブロウンディヒューザーの開発を放棄したザウバーにしてみれば今年こそチャンスなのですが、もう一息頑張ってもらいたところですね。一方メルセデスは予選の速さが復活の兆しを見せていますが、タイヤの摩耗が早く、決勝では平凡な成績に終わっています。やや混戦気味なので今後どこのチームが台頭してくるかが楽しみですね。そうそうルノーエンジンを獲得したウィリアムズが速さを取り戻したのはニュースです。良かった良かった(笑)。 

F1GP2012_AustratianGP.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0