So-net無料ブログ作成

F1 GP 2011 Rd.4 Turkish GP [-F1]

kobayashiKamui.jpg

 5/8にトルコのイスタンブールでF1 Gp第4戦トルコグランプリが開催されました。優勝はレッドブルのSベッテル、2位は同Mウェーバー、そして第3位はフェラーリのFアロンソが今季初の表彰台です。ザウバーの小林可夢偉はエンジントラブルで1周も予選を走れず24番手スタートからなんと14台抜きの10位入賞、そしてメルセデスGPのMシューマッハーは、序盤でルノーのVペトロフとの接触が影響して12位完走でした。

 ここにきて、レッドブルの速さ、マクラーレンの不調、そしてフェラーリの復活が印象的なレースでした。メルセデスGPのNロズベルグは予選こそ3番手に付けていましたが、決勝では徐々に交代して結局5位入賞にとどまりました。

 今回のレースはタイヤを3回交換するか、4回交換するかが焦点でしたが、これだけしょっちゅうピットインがあると正しい順位が果たしてどれなのか全く分からなくなりますね(汗)。スカパーの放送では順位が常に表示されていましたけど、それでもたまに「?」となることが多々あったので、やっぱりこのタイヤ特性は見直した方がいいんじゃないですかね?>ピレリ様。タイヤのマーキングもちょっと見にくいですしね(笑)。

F1_TurkeyGP.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0